つむじハゲ女性にはこの育毛剤がオススメ

つむじハゲ女性にはこの育毛剤がオススメです。
MENU

つむじハゲ女性にはこの育毛剤で

女性にとって大きな悩みとなるつむじはげですが、その原因は様々です。
原因が様々であれば、当然解決方法も様々になるわけですが、
どのような改善方法があるのでしょうか。

 

薄毛の悩みとなれば、まず思いつくのが育毛剤です。
育毛剤は、頭皮の血行不良を改善したり有効成分を浸透させて、
頭皮環境を整えて元気な髪の生育を助ける効果があります。

 

また、育毛機器を利用するのも良いでしょう。
育毛機器にも種類はありますが、基本的には血行の改善効果があります。
頭皮に特殊な刺激を与えて新陳代謝を活発にし、血行を促進します。

 

サプリメントも有効な手段です。
髪の毛も体の一部ですから、必要な栄養素を補給することで発育が良くなります。
育毛に有効な成分としては、アミノ酸、亜鉛、プラセンタなどが挙げられます。
その他、ビタミンやミネラルも重要となりますので、
栄養学や髪について知識が要求されるのが難点です
育毛用のサプリメントは必要な成分が一通り含まれているので使いやすいと思います。

 

食事は育毛効果を高めるために大切です。
血行を促進させるのも、必要な成分を取り入れるのも食事が基本になるからです。
上記の手段をいくら用いても改善されない場合、食事の見直しも必要かもしれません。
専門家の中には、「薄毛は生活習慣病」と言う人もいるほどです。

 

育毛シャンプーと言われるシャンプーがありますが、
こうしたものは頭皮に対して洗浄だけではなく、
血行改善や乾燥を防ぐための保湿効果、その他の有効成分を含んでいます。
普通のシャンプーでは当然のように使われている添加物を除去したりと、
なるべく髪や頭皮に優しい成分になるように工夫されています。

 

その他にも運動やマッサージ、美容クリニックに通う方法もあります。
自分の薄毛の原因を把握した上で、最適な手法を選びましょう。

頭皮に負担のかかる髪型とは

髪の毛を支えているのは頭皮ですから、頭皮に物理的な負担がかかると
薄毛になるリスクがあります。
したがって、薄毛予防には頭皮に負担の少ない髪型が好ましいと言えます。
頭皮の状態が良くて、健康な髪の毛であれば、
ヘアスタイルがロングでもショートでも頭皮の負担になりません。

 

ただし、長期にわたってのロングヘアは毛穴に負担がかかり、切れ毛や枝毛も発生しやすくなります。
また、個性的なヘアスタイルで、逆毛を立てたり、スタイリング剤を大量に使うと
頭皮や毛穴には負担がかかります。

 

逆毛で盛り髪はおすすめできない

ボリューム感をだすために逆毛にしますが、髪の毛の表面にある
キューティクルがはがれます。
キューティクルをはがすと髪の毛が傷みやすくなり、逆毛をたてると頭皮に負担がかかります。

 

スタイリング剤の使い過ぎは要注意

スタイリング剤の使い過ぎは要注意です。
スプレーやスタイリング剤で髪の毛を固めると、
シャンプーの際に力を入れて洗いますから髪の毛や頭皮に負担がかかります。

 

長期間のエクステンションも要注意

ショートヘアでもエクステンションをつけて、ボリュームを増やすことができると人気があります。
ただしエクステンションは要注意で、その理由は地毛に何本かのつけ毛を結びつけると
重みがかかり、毛穴や頭皮への負担が増えるからです。

 

またその状態をキープするためにシャンプーやブラッシングなどの
ヘアケアを控えると、頭皮が不潔な状態になり、フケなどの原因になります。

 

このほかの頭皮に負担がかかる髪型

ポニーテールやお団子頭など、強く、長時間縛るような髪型も頭皮への負担が大きいため、
薄毛の原因になりかねません。
また、最近多くみられるコーンロウなども薄毛には要注意の髪型です。

 

 

つむじがハゲている女性は髪が引っ張られている可能性がありますので、
頭皮に負担のかかる装飾や髪型は極力控えるようにしましょう。

このページの先頭へ